ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

北欧留学が決まるまでにしたこと全部 その5

2018年4月 イギリスが留学候補地として急浮上。

フィンランドには本当に行きたかったし、東フィンランド大学のコース内容も理想的。」→「行くとなると2年分の学費と生活費が必要。大丈夫かしら。」→「っていうかお金以前に、夫と2年間も本当に離れて暮らすの?大丈夫かしら。」という思考になり、怖気づいてしまったのです。せっかく合格をもらったのに。

海外の大学院に行きたいと考え始めたときには、なぜか全てにおいて強気で、財団等が出している給付型奨学金に受かる気も満々だったし夫と2年間離れることも全然大丈夫でしょ、と思っていました。それが、この状況になってみて一気に弱気に。

それで頭をよぎったのが、イギリスなら修士が1年で取れる!ということでした。(学費がべらぼうに高いからトータル費用は別に安くないんですけど、そこはなぜかスルー。)それまでイギリスに全く興味がなかった私の、そこからの行動は早かった。勉強したい内容を「英語教授法」に絞り、行きたい地域を「南のほう」に絞り(単純に、暖かそうな場所のほうがいいから)、コース内容や学費、滞在費、入学条件、難易度や大学ランキングなどの情報を細かくチェックして一覧表にしていきました。留学経験者と思われる方々のブログもたくさん参考にさせていただきました。留学エージェントの「留学フェア」なるものにも行きました。。。

かくして、志望校を決定。と同時に、2018年中に留学に出発するという選択肢をあきらめることになりました。あれほど行きたくて夢にまで見た東フィンランド大学のofferも、confirmせず。※イギリスの大学は9月からなので、この時期からでも2018年中の出発を目指すこともできたけど、焦って決めたくなかったので。


この時の自分のなかの「言い訳」。「今までの人生、高校も大学も就職も結婚も全て第一志望で来てるから、たまには妥協せなあかんこともある。」

 

「予備の選択肢」として出願し、合格をもらっていたオーストラリアのモナシュ大学とメルボルン大学も、当然のことながら辞退しました。ここで、浅はかだったなと反省したのが、きちんと考えて学校選びをしていなかったこと。モナシュ大もメルボルン大もオーストラリアのトップクラスの大学であり、学費(2年間)も高いし、成績上位者に与えられる学費免除なども競争が厳しい。そういうところに合格させてもらえたことはありがたいことだけど、逆に言えばもう少し身の丈にあった、学費が比較的安い大学を選ぶなり、修士が1年~1.5年で終わるところを選ぶなり、現実的な選択肢を持っていれば、もしかしたらそこにこの夏から行けたかもしれないのです。「どうせ出願するならランキング上位で街のイメージも良いとこでしょ!いろいろ調べるのめんどくさいし、ホームページが見やすいとこでいいでしょ!」・・・といいかげんな気持ちで選んでいたことは、反省です。

人生、何がどこでどうつながってくるかわからないのだから、何事も慎重に。

 

続く