ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

北欧留学が決まるまでにしたこと全部 その3

2017年11月 ①奨学金落選通知第一弾。I財団様。書類で落ちた。いちばんの反省点は、留学後のビジョンをはっきり示せなかったこと。

②オーストラリア大学院への出願。私はなーんにも深く考えることなく、メルボルン大学とモナシュ大学を選んだ。ランキング上位で、ホームページの印象がいいとかその程度。今思えばなぜもっと深く考えなかったのか。理由は後述。

とにかく、まずはCV(履歴書)とPersonal Statement(志望動機書)を作成。英語でこういうものを作るのは初めてだった。CVの"Skill"の欄に書けるものは。。。教員免許、IELTSのスコア、DELE(スペイン語能力試験)のスコア。と、つくづく語学しか売りのない人間だなと実感。ネット上の例文を見ながらなんとかそれらしいものを書き上げ、エージェントに提出。加えて、出身大学から成績証明書などを取り寄せ、提出。以上で出願完了。出願料が1校6000円くらいかかりました。

 

2017年12月。①ノルウェー工科大学出願。提出物は、CV、志望動機書、大学の卒業&成績証明書、高校の(!)卒業証明書、パスポートのコピー、IELTSやTOEFLのスコア、銀行の残高証明(確か150万円以上)。全てpdfでオンラインのページにアップ。

②ユヴァスキュラ大学出願。提出物は、CV、志望動機書、研究計画書、大学の卒業&成績証明書、パスポートのコピー、IELTSやTOEFLのスコア。一部の書類は、フィンランドの各大学の出願書類を共通で受け付けている組織(たぶん)にペーパーで送った。書類審査に通ったら翌月にオンライン面接がある!

 

2018年1月。①東フィンランド大学出願。書類はユヴァスキュラと同じ+教員免許を持ってるならその英語版コピー。これを教育委員会に申請するのが少し手間だった。

奨学金落選通知第二弾&三弾。N財団様とCアソシエーション様。これで、人様のお金に頼って留学するという選択肢がなくなってしまった。どうしよう。というのも、これまでの結婚式や不動産購入で手持ちの資金がほとんどなく、奨学金が得られなければ留学しない!と周りには豪語していたのである。。。とは言え、志望校への出願は全て済んでいたので、結果を待ちながら、どうするか考えよう。どうするか云々というよりは、行きたい。行くにはどうすればいいのか。

 

続く。