ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

スペイン語のオンラインレッスンを実際に体験して比較した結果

f:id:christinatkmt:20180223073727j:plain

(写真はメキシコで食べたセビーチェ。シーフードをレモンとニンニクとパクチーで和えたもの。)

 

私はスペイン語がしゃべれます。しかし日本で生活しているとあまり使う機会がなく、忘れがちになります。

これはもったいない。留学や自分の市場価値を考えるなかで、時間とお金をかけて得たこのスキルを絶対に手放してはいけないのだ、という危機感が高まり、どうすれば良いかを考えました。そこで思い立ったのがスペイン語のオンラインレッスン。調べてみると、結構な数の会社がレッスンを提供しており、この機会に体験レッスンを通して各社を比較してみることにしました。

ここに、非常に個人的な私の感想や印象を記します。なお、以下に記す順番で体験レッスンを受けました。

 

1.スパニッシュオンライン

・体験レッスンが無料で2回受けられることが魅力。

・講師はスペイン、グアテマラ、メキシコと様々な国の出身のため、いろいろな種類のスペイン語、そしてその背景あるカルチャーに触れられる(スペインとラテンアメリカスペイン語はさまざまな点で異なっている)。

・日本に来る観光客に、スペイン語を使ってボランティアガイドをするアクティビティがある。

・授業は1回25分、10回で5400円。→1分あたり約21円。

 

2.スパニッシモ

・スパニッシュオンラインに比べて、先生が会話をリードしてくれる感が弱かった。ただし、体験レッスンが1回だけだったので他の先生の雰囲気は定かではない。

・1回の授業時間は50分。単純に「長いな」と感じた。最後の10分ぐらいは簡単なフィードバックと各コースの説明。

・授業後にメールでフィードバックが送られてくるが、大したことは書いていない。

・講師は全員グアテマラ人。レッスンの運営を、グアテマラでの雇用創出→貧困問題解決へのアプローチととらえている点が興味深い。

・1回50分、6回で7850円。→1分あたり約26円。

 

3.ウノドストレス

・講師は全員スペイン人なので、スペインのスペイン語にこだわりがある人には良い。

・日本にゆかりのあるスペイン人講師が多く、スペイン語のみのレッスンに不安がある人向け。

・体験レッスンのために会員登録をするとメールマガジンが送られてくるようになるが、内容がおもしろいためそんなにイヤではない。(普段は、勝手に送られてくるメルマガや広告が大嫌いなタイプ)

・1回25分、5回で4980円。→1分あたり約39円。

 

4.ポコアポコ

・レッスンの予約を、システム上ではなくメールでおこなうので、ジャストで自分の都合のいい時間や先生を選べないのが難点。

・講師は全員グアテマラ

・授業時間を25分か50分か自分で選べるのは良い。

・「金曜午前と日曜午後は休校」としていることに講師への心遣いを感じるが、平日に働き休日(週末)に学びたい日本の社会人にとっては若干不便。

・1回50分、5回で4000円。→1分あたり約16円。もしくは、1回25分、10回で4500円。→1分あたり約18円。

 

5.パソアパソ

・授業内で使われる教材が特徴的。黒板みたいなのを画面上に写して、文字の色を変えたりしながら丁寧に解説してくれる。他にも、ピクチャーカードなどが充実してるっぽい。

・講師はスペイン人かアルゼンチン人。

・入会後は予約システムからレッスン予約を取るようだが、体験レッスンはメールで予約が必要。

・1回50分、5回で9920円。→1分あたり約39円。

 

6.バモス

・講師は日本人かスペイン人。

・講師の数が少なく、休みを取っている人もいて選択肢が少ない。また、先生によっては予約可能な枠がほとんど埋まっている。

・一度体験レッスンの予約を入れたが、時差の関係で時刻の表示を間違っていたそうで予約の取り直しを求められた。その時点で都合のいい日時に空きがなかったため、結局体験レッスンは受けずじまい。これはバモスにとってビジネスチャンスの損失。

 

★結論:私ならスパニッシュオンラインを選ぶ。

 

上記の情報は私が体験した時点のものなので、その後変更されている場合があります。

 

今回、6つのオンラインスクールを比較したことにより、語学×オンラインという要素に、まだまだビジネスの可能性があると感じました。自分でも何かビジネスアイディアを考えたいし、この記事がこれからオンライン語学ビジネスを展開する皆さんにどこかで何かの役に立つと嬉しいです。