ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

「金持ち」と「歯」

久しぶりに歯医者さんに行きました。

歯磨きが行き届かない部分をお掃除してもらい、着色汚れを落としてもらい、すっきり爽快!

今でこそ2~3か月に1回くらいは何も異常がなくても歯医者さんに行くようにしていますが、私が「歯」の重要性に気づいたのは20代後半になってからです(現在は30代前半)。

 

歯が美しいだけで、「デキる人」「きちんとした人」「お金持ち」に見える。

そして、実際、「デキる人」「きちんとした人」「お金持ち」には歯が美しい人が多い。

 

ある時急にこの事実に気が付いて、慌てて、歯のメンテナンスに時間とお金をかけるようになったのです。

いや、それ以前にも歯に関心がなかったわけではないんです。

例えば高校生の頃に愛読していたpop teenという雑誌。表紙になったモデルさんが、インタビュー記事で「今回の表紙のために気合を入れて歯のホワイトニングをしました」と言っていたことを未だに覚えています。それを読んで、「いいなぁ、私もいつかやってみたいなぁ(ホワイトニングを)」とかぼんやり思っていました。でも、ホワイトニングの値段を調べてみたりとか実際に行動することはありませんでした。

次に覚えているのは、大学卒業前に読んだ蝶々さんの「銀座クラブは女の大学」。その本の、男性を見る目を養いましょう的なパートで、「上を目指そうという気概のある人は、忙しくても審美歯科に通っています」と歯のメンテナンスの重要性を説いていらっしゃいます。この時も、「そうだよな、社会人になってからこそ歯医者さんに行かなきゃな」と考えましたが、実際は何もしませんでした。

 

社会人になって3年目、どういうきっかけだったかはもう忘れてしまいましたが、初めて歯のホワイトニングをし、定期的に歯科検診にも行くようになりました。昨年夏にはドルツのジェットウォッシャーを購入し、お口の隅々まで磨いています。こういう、歯のメンテナンスは、シンプルに気持ちがよいです。

 

ああ。歯に対して行動を起こすのが遅すぎた。高校~20代前半の、歯に対してほんとうに全く何もしなかった約10年。これが違っていたら何か違っていたかもしれない。

そして。。。願わくばこの歯並び。今すぐ歯列矯正をしてまっすぐな歯並びにしたい。

 

ちなみに歯列矯正に関しては、海外ではめちゃくちゃ意識高いですよね。ある程度以上の階層の人はみんな歯並びがきれいです。例えば私が習っているオンライン英会話では、歯を矯正している講師がとても多いんです。講師は少なくとも全員大卒ですから、歯の矯正にお金をかけるだけの余裕がある人なのだろうと推測できます。

 

何はともあれ、何かを手に入れたいなら行動することですよね。

きっちり行動してしっかり歯をメンテナンスしていきましょう。