ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方

f:id:christinatkmt:20171227072447j:plain

世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方-

という本に書店で目をひかれ、前々から興味はあったが勉強してこなかった「お酒」についてこれを機に詳しくなろうと購入しました。

 

買ってよかったです。本当にわかりやすいです。ワインの種類が女の子のキャラに例えられていたり、日本酒の味の好みが一発でわかるチャートを載せてくれていたり。

 

で、ワインの章を読んでいたら飲んでみたくなったので早速ワインを買って飲み比べをしました。今回は白ワインのなかでもチリワイン(シャルドネ)とイタリアワイン(ピノグリージョ)を比べます。

 

チリのシャルドネ・・・香りが華やか。甘みはあまり感じず、ドライな感じ。ツンと鼻に抜ける強さがある。←語彙不足) 時間が経つほど香りに甘みが出る。

 

イタリアのピノグリージョ・・・香りは弱い。甘い。果実味を感じる。

 

第一印象は、ワインってひとつひとつこんなに違うんだ!ということでした。ハマると面白そうですね。

結論。なんでも「勉強」すると楽しい。