ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

お金に対するコンプレックス

なぜか、小さい頃から、お金といえば常に「ない」ものと思って育ってきました。


母親の口癖といえば、「お金がない」「もったいない」「(家の)ローンがあるから、、云々」。常に、お金を使うのは悪いこと、という意識で生活していたのです。


では、その意識をもってお金を使わないように生活してきたかというと、その逆でした。


例えば高校生の頃、お小遣いは月5000円と決まっていました。その5000円は、計画的に大事に使うのかと思いきや、、、必要もない菓子パンを学校帰りに食べたりしてすぐになくなってしまいます。で、なくなったらどうしていたかというと、「お金なくなったからちょうだい」と親に請求していたのです。しかもなくなるたびに何回も。。。これじゃあ、月5000円と決められている意味がないですよね。お金の使い方に対する意識が何もなかったのです。


高校を卒業して、大学生になって一人暮らしを始めました。月の予算は、親が出してくれた仕送り(月6万)と、奨学金(月5万)と、バイト代(月3〜4万かな?)。大学生の生活水準から考えると決して余裕のない金額ではなかったとおもいます。ですが、ここでも何も考えずにお金を使っていたので(高額なものをたくさん買っていたという意味ではなく、本当に文字通り何も考えずにお金を使っていたというのがポイント)、いつの間にか母と同じように「お金がない」が口癖になっていました。


そして就職。社会人になってまでお金がないないと言いたくない!と意気込んで上京しました。が、結果は同じ。少しはお金の使い方を考えて、計画的に行動するようにしたつもりでしたが、つもりなだけでした。一応、月19〜20万円くらいはいただいていたのに、給料日前になると口座残高が数百円になっていることもザラ。クレジットカードの引き落としに残高が足りなくて遅滞したことも。そういうことが、社会的に恥ずかしいことであり、また自分の信用を傷つけているんだということを知るのはずっと後のことでした。当時はただただ「お金がない自分」を哀れんでばかりいました。管理できていないのは自分なのに。


そして数年後、転職と結婚をしました。ありがたいことに、結婚したお相手がお金に対するリテラシーがかなり高い人なので、いろいろと勉強させてもらいながら今に至っています。細かいことは今後の記事でいろいろと書いていきますが、あのままお金のない人生を送っていたらと思うと夫に感謝しかありません。


これまでの「お金がない」生活を振り返ってみて改めて気づくことは、お金は使い方が大事であるということです。お金を使うときは、その金額を支払うことで何を得ようとしているのかをきちんと意識すること。そして、自分にかかわるお金の収支を自分できちんと把握し、管理すること。当然のことのように思いますが、このあたりはお金持ちの人ほどきっちりされているのではないかと思います。

私も、今からでも遅くないと思います。お金に支配させるのではなくお金をマネジメントできるようになっていきます。