ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

肉厚すぎる鱧-淡路島こゝちよさんにて-

f:id:christinatkmt:20160827135953j:plain

淡路島のお料理やさん、こゝちよさんにて、夏が旬の鱧を食べてまいりました!


こちらはミシュラン一つ星を獲得されているお店です。ですが、ホームページに載っている、お店のコンセプトは、「家族で行けるちょっといい店」。そのように言っていただけると、ミシュラン初心者の私も安心して予約を入れることができました(笑)


さてお食事の内容です。今回いただいたのは鱧づくしのコース!


まずは骨せんべい。香ばしさとぽりぽりの食感が絶妙です。

次に鱧のお造り。生の鱧は初めて食べました。コリッとした歯ごたえにふんわりとお魚の風味が絡みます。

続いては鱧の湯引き。鱧のなんと肉厚で風味豊かなこと!しかも、湯引きなのに全く水っぽくない!今まで居酒屋とかで食べていた「鱧」は一体何だったのか、という感じ。


そして、私のなかではこれがいちばんのヒット。鱧の押し寿司。イメージ的には穴子の押し寿司なんですけど、これが、そこらの押し寿司とは全然ちがって、上に乗っている鱧の肉厚具合と炙られ具合が最高でした。白焼きに梅ソースをかけたものとタレ焼きがありましたが、白焼きが特に、炙りの風味と鱧そのものの風味が存分に引き出されていてこの上なく美味しかったです。


お次は鱧の天ぷら。これも、もうそのへんの居酒屋の鱧天は食べられないですね。まず、全く骨っぽくない。そしてまたもや肉厚(しつこい?)。柔らかくてほわほわでした。


さあ、ここまでですでに大満足の域にきていたのですが、メインの登場。鱧すきです。玉ねぎでとったお出汁の優しいこと。。ここでも当然のように鱧は肉厚すぎるほど肉厚。優しいお出汁に包まれた鱧を口に入れる一瞬一瞬が本当に幸せでした。

そして最後はじゅうぶんに鱧の出汁が出たスープで雑炊。おいしいのは言うまでもありませんよね。

〆のデザート(黒糖ときな粉のアイス)もめちゃくちゃ美味しかったです。


今回、淡路島を訪れて、その土地の特産品を存分に味わえたことにとても有難い気持ちになりました。

これからもお金持ちへの道を歩んで行って、大切な人たちと美味しいものを味わっていきたいとおもいます。そして日本の大切な美味しいものをたくさん知っていきたいです。