ふつうのOLがお金持ちになるまで、そして、なってから。

夢を叶えるまでの日常の出来事や考えたことを記録します。

北欧あらため欧州留学が決まるまでにしたこと全部 その6

2018年5月

イギリスの大学のなかから志望校を決めたものの、やはり、英語が母語でない(のに国民の英語がハイレベルな)国で、英語教育を勉強してみたいという思いが消えず。なんか、「英語」を喋ってる国に「英語教育」を勉強しに行くって当たり前すぎるというか。英語が母語でないのに英語教育に成功している国だからこそ、学べることがきっとあると思うのです。

というわけで再度リサーチ!やっぱり行きたいのは北欧かオランダ。(ここまで来て他の国例えばシンガポールとかに目が行かないのは自分でも謎。)既に何回も見たはずの、各国の留学情報サイトをもう一度見直す。自分のしつこさに驚き呆れながら。


1年間でマスターが取れて、英語教育の勉強ができるところ。。。


あるじゃないですか!オランダに!

おかしいなぁ、前はこんなんなかったのに。いや、完全に自分の見落としやわ。しかも!学費はイギリスの半分ぐらい!


とは言え、イギリスの大学もかなり調べて、在住の人のブログを読んだりして行きたい気持ちが強まった学校があったので、最終的にイギリス3校とオランダ2校の志望校を決定。


2018年6月

イギリスの大学に出すパーソナルステイトメント(志望動機書)を書き始める。と言っても、半年前にオーストラリアの大学から合格をもらった時のがあるからそれをベースに細かいところを直せば余裕!

ただ今回はガチで学費免除を狙いに行きたいので、エージェントに有料で添削してもらうことに。(前回のは無料の簡単な添削のみ。)

すると、余裕どころの話ではなく、けちょんけちょんにコメントされて返ってきた。いや、これぐらい言ってくれたほうが助かるんです。どのコメントも本当におっしゃる通りだった。以下は全て英語でのコメントを私が意訳したものです。


「英語を教えるスキルを磨きたいです。」→あいまい。今現在はどんなスキルを持っていて、将来的にどんなスキルを身に付けたいの?

「学生時代の経験から、外国語学習においては〇〇が不可欠であるということを知っています。」→論理がズレてる。それは真理ではなくあくまでもあなたの個人的な経験でしょ?

「貴校の必修モジュールでは基礎的な知識を身に付けることができます。」→そりゃそうでしょ。で、特にどの科目に興味があるの?

「子どもたちの英語力を伸ばせば、彼らが国際社会で活躍できます。」→そんなことすぐできるの?


など。

本気で添削してもらえて嬉しかったです。有難いコメントをいただいて、本気で志望動機書を書き直したのでした。


続く。




夏ですね!ナスですね!

f:id:christinatkmt:20180724075831j:plain

夏です。

この時期、ナスをお料理に使う方も多いのではないでしょうか?

私もナスは好きでよく使います。


さて、ナスを料理するときのあるある。

「一部のナスがすぐ油を吸ってしまって他のナスに油がまわらない。結果、火の通り具合がバラける。」

「火が通るとヘニャヘニャになるのに、生の時はかさが多くて鍋の中でゴロゴロ混ぜるのが大変。」

ありますよね。。。?

私はけっこうこれに悩まされていたのですが、先日、画期的な方法を思いついたのです。


☆火にかける前に、鍋のなかでナス全体に油を絡ませる→少量の水を入れ、フタをして蒸し煮する。


これでナスの調理が圧倒的にラクになります。


こうやって火を通した後、薄めためんつゆを入れて一煮立ちさせると、煮浸しになります。冷やして食べると最高!

もしくは、軽めに火を通したナスにお肉やトマトソースを突っ込んで煮ると、トマト煮込みに。


こんなのとっくに知ってたよという方もいらっしゃると思います。。。自分の備忘録として残させてください。

(いちばん上の写真は先日作ったナスの煮浸し)



北欧留学が決まるまでにしたこと全部 その5

2018年4月 イギリスが留学候補地として急浮上。

フィンランドには本当に行きたかったし、東フィンランド大学のコース内容も理想的。」→「行くとなると2年分の学費と生活費が必要。大丈夫かしら。」→「っていうかお金以前に、夫と2年間も本当に離れて暮らすの?大丈夫かしら。」という思考になり、怖気づいてしまったのです。せっかく合格をもらったのに。

海外の大学院に行きたいと考え始めたときには、なぜか全てにおいて強気で、財団等が出している給付型奨学金に受かる気も満々だったし夫と2年間離れることも全然大丈夫でしょ、と思っていました。それが、この状況になってみて一気に弱気に。

それで頭をよぎったのが、イギリスなら修士が1年で取れる!ということでした。(学費がべらぼうに高いからトータル費用は別に安くないんですけど、そこはなぜかスルー。)それまでイギリスに全く興味がなかった私の、そこからの行動は早かった。勉強したい内容を「英語教授法」に絞り、行きたい地域を「南のほう」に絞り(単純に、暖かそうな場所のほうがいいから)、コース内容や学費、滞在費、入学条件、難易度や大学ランキングなどの情報を細かくチェックして一覧表にしていきました。留学経験者と思われる方々のブログもたくさん参考にさせていただきました。留学エージェントの「留学フェア」なるものにも行きました。。。

かくして、志望校を決定。と同時に、2018年中に留学に出発するという選択肢をあきらめることになりました。あれほど行きたくて夢にまで見た東フィンランド大学のofferも、confirmせず。※イギリスの大学は9月からなので、この時期からでも2018年中の出発を目指すこともできたけど、焦って決めたくなかったので。


この時の自分のなかの「言い訳」。「今までの人生、高校も大学も就職も結婚も全て第一志望で来てるから、たまには妥協せなあかんこともある。」

 

「予備の選択肢」として出願し、合格をもらっていたオーストラリアのモナシュ大学とメルボルン大学も、当然のことながら辞退しました。ここで、浅はかだったなと反省したのが、きちんと考えて学校選びをしていなかったこと。モナシュ大もメルボルン大もオーストラリアのトップクラスの大学であり、学費(2年間)も高いし、成績上位者に与えられる学費免除なども競争が厳しい。そういうところに合格させてもらえたことはありがたいことだけど、逆に言えばもう少し身の丈にあった、学費が比較的安い大学を選ぶなり、修士が1年~1.5年で終わるところを選ぶなり、現実的な選択肢を持っていれば、もしかしたらそこにこの夏から行けたかもしれないのです。「どうせ出願するならランキング上位で街のイメージも良いとこでしょ!いろいろ調べるのめんどくさいし、ホームページが見やすいとこでいいでしょ!」・・・といいかげんな気持ちで選んでいたことは、反省です。

人生、何がどこでどうつながってくるかわからないのだから、何事も慎重に。

 

続く 

北欧留学が決まるまでにしたこと全部 その4

2018年2月 ①オーストラリアのモナシュ大学合格!まずはエージェントからメールで連絡があったのですが、その時点では他の大学の合否も出ていなかったし、そもそも学費が高くて行けそうにもないので、どうリアクションしていいかわからず、数日間放置していたのです。すると、仕事中にいきなり国際電話が!モナシュ大学からでした。すごく優しい感じの女の人で、合格したけどどうするー?何か聞きたいこととかあるー?というようなことを聞かれたので、北欧の大学の合否待ちです、って伝えたら、あ、そうなのー全然いいよー返事待ってるよー上手くいくといいねー(意訳)と言ってくれました。ってか知らない外国の人と電話で話したの初めて・・・。意外と意思疎通できて、自分の英語力もなかなか悪くないと勝手に満足。

 

フィンランドのユヴァスキュラ大学、書類審査合格!からの、オンラインインタビューとプレタスク。

このプレタスクがつらかった!まず、A4で20ページ分ぐらいの英語の論文(専攻分野に関係あり)が送られてきた。「これを読んでおいてくださいね」的な指示もなく、プレタスクの案内メールにただただ添付されているのです。で、肝心のタスクの内容はというと、特設サイト上で「解答開始」をクリックした瞬間に公表され、2時間以内に答えなければいけないとのこと。いざ、指定された日時にタスクに挑むと、「あらかじめお送りしている論文と以下のリンク(ネット記事)を参照し、〇〇について500words以上で論じてくださいね。自分の意見や経験も踏まえてね。2時間以内でね。」という内容でした。いや、論文は一応目を通してはいたけどもー、ざっくりとしか理解できてないしー、ネット記事も結構長いしー、そんでもって500words(A4一枚ぐらい)ってけっこうな分量やしー、もう何をどうまとめれば・・・とテンパってしまい、結局500語に満たないまま、内容も超絶拙いものをアップロードしました。

そしてインタビュー。スカイプ的なシステムを使ってテレビ電話です。憧れの(?)フィンランドの人と初めてしゃべったー!画面の向こうには3人の女性。聞かれた内容は、

1.なぜこの大学のこのコースを希望するのか。

2.学費や生活費はどうするのか。

3.卒業後はどうするのか。

4.プレタスクはできたか。どういう意図であの課題が設定されたと思うか。プレタスクのためにどんな準備をしたか。

5.インターナショナルな環境で仕事したことがあるか。

6.勉強を進める上でどんな力をつけたいか。強みは何か。

7.応募書類に書いたもの以外で興味のあるテーマは何か。

(質問された順番はうろ覚え)

でした。今から考えればどれも予測可能な質問であったと思いますが、そこまで準備ができておらず、全体的にあまり満足な返答はできませんでした。

 

・・・そしてインタビューから1週間後くらいに「不合格」のメールが。自分の実力不足があぶり出されているようでちょっと悔しかった。

 

2018年3月 ①ノルウェー工科大学、不合格。あまりに淡々とした感じだったので悔しいとも何とも感じようがなかった・・・。

 

②東フィンランド大学、合格!ここが第一希望だったので、メールが届いたときは本当にうれしかったです。ただ、合格者の上位半数に適用されるという奨学金(学費免除)にはあたらないとの文言が・・・正直、この学費免除を、適用してもらえるんちゃうやろかという希望的観測をずっと持っていたのです。根拠はありませんがなんとなく。でも、全額払わなければいけないという状況になり、またしてもお金のことがひっかかる。学費2年分+生活費2年分って・・・。外部の奨学金にもすでに全て落ちた。どうしよう・・・confirmする期限は5月16日まで。それまでになんとか決心せねば。

 

続く。

北欧留学が決まるまでにしたこと全部 その3

2017年11月 ①奨学金落選通知第一弾。I財団様。書類で落ちた。いちばんの反省点は、留学後のビジョンをはっきり示せなかったこと。

②オーストラリア大学院への出願。私はなーんにも深く考えることなく、メルボルン大学とモナシュ大学を選んだ。ランキング上位で、ホームページの印象がいいとかその程度。今思えばなぜもっと深く考えなかったのか。理由は後述。

とにかく、まずはCV(履歴書)とPersonal Statement(志望動機書)を作成。英語でこういうものを作るのは初めてだった。CVの"Skill"の欄に書けるものは。。。教員免許、IELTSのスコア、DELE(スペイン語能力試験)のスコア。と、つくづく語学しか売りのない人間だなと実感。ネット上の例文を見ながらなんとかそれらしいものを書き上げ、エージェントに提出。加えて、出身大学から成績証明書などを取り寄せ、提出。以上で出願完了。出願料が1校6000円くらいかかりました。

 

2017年12月。①ノルウェー工科大学出願。提出物は、CV、志望動機書、大学の卒業&成績証明書、高校の(!)卒業証明書、パスポートのコピー、IELTSやTOEFLのスコア、銀行の残高証明(確か150万円以上)。全てpdfでオンラインのページにアップ。

②ユヴァスキュラ大学出願。提出物は、CV、志望動機書、研究計画書、大学の卒業&成績証明書、パスポートのコピー、IELTSやTOEFLのスコア。一部の書類は、フィンランドの各大学の出願書類を共通で受け付けている組織(たぶん)にペーパーで送った。書類審査に通ったら翌月にオンライン面接がある!

 

2018年1月。①東フィンランド大学出願。書類はユヴァスキュラと同じ+教員免許を持ってるならその英語版コピー。これを教育委員会に申請するのが少し手間だった。

奨学金落選通知第二弾&三弾。N財団様とCアソシエーション様。これで、人様のお金に頼って留学するという選択肢がなくなってしまった。どうしよう。というのも、これまでの結婚式や不動産購入で手持ちの資金がほとんどなく、奨学金が得られなければ留学しない!と周りには豪語していたのである。。。とは言え、志望校への出願は全て済んでいたので、結果を待ちながら、どうするか考えよう。どうするか云々というよりは、行きたい。行くにはどうすればいいのか。

 

続く。

 

 

ふつうのOLの株日記 〜欲が出てきた〜

現在、株式を計30万円分持っています。
それが昨日の時点で、買った時よりも2万円値上がりしています。
私は振り込みをして画面を見ていただけなのに、お金が働いて2万円も稼いでくれたなんて!ありがたや。

と、いう気持ちのいっぽうで、何やら欲が出てきてしまいました。

「もっと値上がりするのを待とう」

これ、危険なやつですよね!?
初心者の株は高望み禁物ですよね!?

・・・。

今売りたくない理由はもうひとつあって、それは株主優待で自社製品の詰め合わせをいただくっていう体験をしたい、ただそれだけなんです。
私、基本的に食べ物が好きなので、株の銘柄を選ぶ時も食品メーカーとか株主優待で食べ物がもらえるところを中心に探すんですけど、今まではタイミングが合わなかったりで株主優待で食品をもらったことがないのです。でも今回は、来月末まで粘ればもらえるんです。
もっと値上がりしてほしい➕食べ物が欲しい、という何とも露骨な欲に身を任せ、もう少し所有し続けようと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

外国人観光客にとって「お好み焼き」は常識なのかもしれない。

先日、チリ人の友人が京都に来るということでいっしょに晩ご飯を食べることになりました。

 

さて、どこに連れて行こう?

その友人カップルはベジタリアンベジタリアンにもいろいろあると思いますが、彼らはお肉は食べず、魚や卵、乳製品は食べます。

まず思いついたのはお寿司。特に、回転寿司は珍しくて面白いかもなぁ、と。でもなぁ。なんかなぁ。日本に来て寿司!ってフツー。

次に考えたのが和食とかおばんざいとかの類。これなら、野菜や魚を使った彩り豊かな京都らしい食事が楽しめる。でも、、、どうせ和食食べるならちゃんとした美味しいところで食べたいし。。お値段と味のバランスが取れた京都の和食店って自分のなかに持ち駒がないなぁ。。

で、考えたあげく、ピーンときたのがお好み焼きでした。お好み焼きなら、トッピングは自分で選べるからお肉NGな人も大丈夫!お好み焼き屋さんのようなざっくばらんな場所で地元人に交じって食事をすることも、おもしろい経験になるだろう。

 

自分ではかなりの名案のつもりでした。寿司とか定番の日本食じゃなくてそう来たか!みたいな。

 

が、お店に入ってびっくり!店内は、外国人のファミリーや若者グループでにぎわっていたのです。お店側も心得たもので、当然のように英語メニュー完備。京都駅近くの店舗だったこともあるでしょうが、これはすごいぞ。。。我々が食べている間にも次々と入店してくるツーリストたち。そうか、お好み焼きはすでに外国人観光客の間で「常識」なのだ。

 

考えてみれば、お好み焼きはたくさんの利点を兼ね備えている。

安い。

トッピングを自分で選べる。

使用している食材が、多くの人にとって食べ慣れたものである。

生地の切り口やソースの感じが写真映え。

目の前で焼いてもらえるのが楽しい。

鉄板とテーブルが一体化したあの机が楽しい。

酒が進む(たぶん)。

 

実際、連れて行った友人カップルもとっても喜んでくれました。 

外国人観光客がたくさんいる街にこうやって出向いて、何が人気なのかを知るのはとても大事だなあと思いました。

他に、まだ誰も気付いてないけどこれも観光客にアピールできるよ!ってご飯ないかなぁ。。。